トップ お知らせ  中央防犯について  商品・サービス案内  代理店向情報  お問い合わせ  採用情報  サイトマップ
 

ホームセキュリティLite 現金輸送警備業務 常駐・イベント警備 機密書類回収業務

防犯防災安全商品 ビル・総合管理業務 電話受付代行業務 緊急地震速報受信システム

コギー(足漕ぎ車椅子)コスモトークデジタル無線住宅用火災警報器


  住宅用火災警報器

 


   

  


ご存知でしたか?
住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

改正消防法が交付され、平成18年6月から、すべての住宅に火災報知器の設置が義務付けられます。

 住宅用火災警報器とは?
 
 住宅における火災の発生早期に感知し、警報する機器・設備です。

 −住宅用自動火災報知設備−
  感知器、受信機、中継器等から構成されるシステムタイプの警報設備です。

 −住宅用火災警報器−
  感知部、警報部等が一体となった単体タイプの警報器で、火災を感知した火災警報器だけが警報音を出します。

   煙式警報器
 
    煙の発生を感知して、火災発生を警報音や音声で知らせるものです。
    一般的には、こちらを設置します。

   
熱式警報器

    熱の異常な上昇などを感知して、火災発生を警報音や音声で知らせるものです。
    日常的に火気を使用する場所(台所等)に向いています。

 いつから設置が必要になるの?
 
 新築住宅については、平成18年6月1日からです。
 既築住宅については、各市町村条例により平成20年6月1日から平成23年6月1日の間で
 設置義務化の期日が決められます。

 静岡県内では、平成21年5月31日までに設置となります。
 ※詳細については、所轄消防署にご確認ください。

 どこにいくつ設置すればいいの?
 
 住宅用火災警報器は、住宅の寝室や階段に設置しなければなりません。
 設置例は、下の図のようになります。
 ※詳細については、所轄消防署にご確認ください。
 
       
 
   
 
   
 
   



 ■仕様
 
     
 煙式(光電式) SM−D0200    熱式(定温式) HE−T0340
     
種別 光電式住宅用火災警報器 (消防法令適合品)
鑑定型式番号 鑑住第18〜16号 感知方式 煙式(光電式・2種)
設置場所 天井面、壁面 定格 DC3V
電源 リチウム電池1本(コネクタ接続)
電池寿命 約10年間 火災警報 警告音(断続音)
音量 70dB以上/m 火災表示 赤色ランプ点灯
質量 約130kg(含電池約25g) 外観形状 丸型
ナチュラルホワイト
 
種別 定温式住宅用火災警報器 (消防法令適合品)
鑑定型式番号 鑑住第18〜19号 感知方式 熱式(定温式)
設置場所 天井面、壁面 定格 DC3V
電源 リチウム電池1本(コネクタ接続)
電池寿命 約10年間 火災警報 警告音(断続音)
音量 70dB以上/m 火災表示 赤色ランプ点灯
質量 約120kg(含電池約25g) 外観形状 丸型
ナチュラルホワイト  

安全に関するご注意





 
安全のため、ご使用の前に「取扱説明書」をよくお読みのうえ、
正しく設置してご使用ください。
この製品は、住宅用火災警報器です。火災の発生を自動的に
お知らせしますが、消火装置や火災防止器ではありません。
この製品は、住宅用火災警報器です。消防法で規定された
自動火災報知設備の代用とはなりません。





 
浴室など湿気が多い場所には取り付けないでください。

取付け後は、定期的にテストして警報器の状態を
ご確認してください。
10年を経過した警報器は、電池交換をせずに新しい
警報器と交換してください。



※防災グッズなど、その他の安全商品も取り扱っております。、お気軽にお問い合わせください。